コンプライアンス研修ではスキルと意識醸成を習得する、コンプライアンス研修における3つの習得すべきスキルとは。

コンプライアンス研修は3つのスキルを学ぶ

コンプライアンス研修で、学ぶ事はたくさんあります。

コンプライアンス研修で修得すべきこととは中でも、3つのスキルを習得すべきと言われています。一体どのようなスキルを、習得すべきなのでしょうか。

まずは、危機管理能力です。コンプライアンスは、リスクマネジメントの観点からも非常に意味のあるものです。その為、研修で危機管理能力を身につけるのは当然と言えるでしょう。

続いて、業務管理能力です。 企業倫理や就業規定を守った上で、きちんと業務を行えるようにしなければいけません。ルールに違反していても、利益に繋がるのならば問題ないという考え方は、捨てる必要があります。

最後に、遂行能力です。たとえどれだけ完璧なコンプライアンスが企業によって提案されていても、それを遂行しなければ意味がありません。勿論、研修でどれだけたくさんの事を学んだとしても、ただ学んだだけでは意味がないのです。そこで、きちんと実践できるような力が求められます。

3つのスキルに加えて意識の醸成

コンプライアンス研修には、コンプライアンスに対する意識を高める意味があります。 それと同時に、上記のようなスキルを身につけるようにしましょう。

>スキルを活かすも殺すも、結局は本人の意識次第というのも事実です。そうなると、どれが重要ということではなく、バランスを考えた修得プランが求められます。

実際にどのような順序で行なうのかというのは決まりがありませんが、漏れなくスキルを修得し、意識をも高めることができるようにすることがポイントです。

 

コンプライアンス研修について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon