コンプライアンス研修と企業と世間の常識、言葉の統一も含めて、認識のズレを埋めることも目的です。

世間と企業の認識ギャップを埋めるコンプライアンス研修

コンプライアンス研修が注目を集めた背景として、企業や組織による不祥事が挙げられます。

コンプライアンス研修でズレを埋める個人情報や機密データの流出といった不祥事を、ニュースで見聞きした事がある方も多いはずです。

こうした不祥事を防ぐ為に、コンプライアンス研修に力を入れる企業が増加しています。

コンプライアンス研修には、コンプライアンス意識を向上させるという意味があります。しかし研修の意味は、意識の向上だけではありません。企業における常識と世間における常識のズレを洗い出す事も、重要です。

働いている企業の中では当たり前の事でも、世間においては当たり前で無いという事が、たくさんあります。

認識のズレと不祥事の強い関係性

こうしたズレを放置しておくと、上記のような不祥事に繋がる可能性があります。その為、企業と世間の常識のズレを無くすという意味も、コンプライアンス研修には含まれているのです。

企業における常識と世間における常識のズレを無くすには、ズレを一度洗い出す必要があります。これには、チェックシートの作成を行い、一人一人が確認を行うと効果的です。

企業や組織の中にいると、それが当たり前のような錯覚になることがあります。しかし、企業の常識は社会に非常識ということもありますので、客観的に見るという習慣をつけることもポイントです。

 

コンプライアンス研修について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon