コンプライアンス研修の応用編としてのケース活用。ケーススタディによるコンプライアンス研修、ケースは実際の実例ですから、自分の身に置き換えるなどイメージが膨らみやすく勉強になります。

コンプライアンス研修で自ら考える力を醸成する

コンプライアンス研修と一言で表しても、様々です。

ケースによるコンプライアンス研修もオススメです今回は、ケーススタディ形式によるコンプライアンス研修をご紹介します。

ケーススタディ形式の場合、コンプライアンス研修前に、課題が与えられます。

与えられる課題は、ルールを守るべきかどうか判断に困る事は無いか、業務におけるリスクとは、といった課題です。これらの課題で作成された実態に関して解決策を検討するというのが、ケーススタディ形式の特徴です。

解決策の検討は、1人で行っては意味がありません。グループを作って意見交換を行いながら、解決策を検討するのが一般的です。また、解決策を検討するという事は、コンプライアンスの理解にも意味のある事です。その為、ケーススタディ形式では、この検討に多くの時間を使う事となります。

ケース演習は応用編として

ケーススタディ形式でも、勿論コンプライアンスの意味などは最初に講師から受講する事となります。また、解決策を検討する際にも、疑問点などがあれば講師に相談すると良いでしょう。

いきなり、ケーススタディ演習を行っても、コンプライアンスの意味などを理解していない場合には、十分な効果を得ることができないといえます。

基本的なコンプライアンスに関する知識については、外部講師の講義を受講し、応用編としてケース演習を組み込むと良いでしょう。

 

コンプライアンス研修について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon