管理職こそコンプライアンス研修が必要。まずは管理職から始めて意識を高めておくと他の社員にも浸透しやすいということがあります。

管理職こそ優先してコンプライアンス研修を

コンプライアンス研修は、社員全員に行わなければ意味がありません。

管理職のためのコンプライアンス研修とはしかし、研修の内容に関しては、社員の立場に合わせたものとなります。つまり役員と一般社員では内容が異なるという事です。

そんなコンプライアンス研修で、特に重要視される立場の社員がいます。それは、管理職の社員です。

管理職の社員が重要視される意味とは、何なのでしょうか。

管理職の社員は、一般的にコンプライアンス経営を推進していくべき存在と言われています。その為、他の社員よりもコンプライアンスの意味は勿論、重要性に関しても理解を深めておく事が重要です。また、職場において部下に教育を行えるようなスキルや、社内全体に浸透させる為の対策も身につける事も要求されます。

管理職だからと遠慮する必要はない

管理職の社員が率先して教育や実践を行う事は、社内全体にコンプライアンス意識が浸透する事に繋がります。このように、管理職の社員には問題意識や自覚などが求められる事となります。その為、研修の内容もそれ相応の意味のあるものにしなければいけません。

管理職に対しての研修というと、コンプライアンス推進担当者の立場でいうとやや窮屈な感じがするかもしれません。しかし、管理職が行動に起こせない限り、他の社員もコンプライアンスへの取り組みはできないものと割り切って、遠慮なく管理職のコンプライアンス研修に力を入れていきましょう。

 

コンプライアンス研修について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon