担当者(推進者)は自らが学んで人に伝える必要があります。社内のコンプライアンス担当者の任務はかなり大きいものなのです。

コンプライアンス担当者(推進者)の研修内容とは

コンプライアンス研修は、社員の立場によって内容が変化します。

担当者のためのコンプライアンス研修とはその社員の立場に適した内容のものを行わなければ、意味が無いからです。

中でも、管理職の社員はコンプライアンス経営を社内で推進していくキーマンと呼ばれています。では、同じくキーマンとなるコンプライアンスの担当者などは、どういった内容の研修を受けるべきでしょうか。

担当者が受けるべき研修は、大きく4つに分類する事ができます。

まずは、担当者が担うべき目的を知るという事です。続いて、リスクマネジメントです。これは、不正や不祥事を発生させない為に、重要な意味を持ちます。そして、不正や不祥事が発生してしまった時の対処方法も学ぶ事となります。社内での対応は勿論、取引先など社外への対応もきちんと知る事が大切です。

自分で学んだ知識を人に伝えることも大切

最後に、コンプライアンス教育を行う際の方法です。どのように行うべきかといった事から、効果的な方法などを学びます。

担当者がこれらを学ぶ意味は、自社のコンプライアンスをより推進していくスキルを得る為です。その為、学んだら終わりというのではなく、より推進していく為に学んだスキルを活用しましょう。

担当者(推進者)次第で、コンプライアンスへの意識が会社の中に根付くかどうかが決まるという側面もあります。担当者は気が抜けないというのが現状ですが、それだけやりがいのある業務という逆転の発想を持つことも必要です。

 

コンプライアンス研修について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon