コンプライアンス違反は複合的な原因の場合も多いのです。違反には必ず何らかの原因が潜んでいます。

コンプライアンス違反に繋がりやすい環境

コンプライアンスの意味を理解していても、環境によっては違反が起こりやすくなってしまいます。

一体どのような環境が、コンプライアンス違反に繋がりやすいのでしょうか。

まずは、自己中心的な社員が社内に多いという事です。

自己中心的な考え方は、コンプライアンスの意味を理解していても自分の利益に繋がるのであれば、違反をしても構わないと考える事があります。

そのため、こうした考え方の社員が多い環境は危険と言えるでしょう。

また、善悪の区別が曖昧な社員が多い場合も、上記と同じような考え方に繋がります。これらの改善には、コンプライアンス教育が重要な意味を持つ事となるでしょう。

上層部が強大な権力を持っていると違反が起きやすい

続いて、不祥事が起きた際の処分の甘さです。処分が甘ければ、不祥事を起こしても問題ないと考えてしまいがちです。ですから、企業は不祥事に対して厳しい処分を下すべきでしょう。

しかし、上層部が強大な権力を持っている企業も、コンプライアンス違反が起きやすいと言われています。ただ厳しいだけではなく、誰もが適切と感じる処分が求められます。

 

コンプライアンス違反の原因

このカテゴリには以下の記事があります。

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon