あなたの会社の体質はコンプライアンス違反に対して盤石でしょうか。コンプライアンス違反に繋がりやすい体質、企業の体質というものはコンプライアンスに大きな影響を及ぼします。

企業の体質とコンプライアンス違反は密接な関係にある

コンプライアンスの意味を理解するようどれだけ社員を教育しても、企業自体の体質が間違っていれば、違反は起こりえると言われています。

一体どのような企業の体質が、コンプライアンス違反を引き起こすのでしょうか。

まずは、殿様商売と呼ばれる体質です。殿様商売では、自社と商品の持つブランド力を、客観的に知る事ができません。

どのような事をしても顧客が離れる事はないと考えていると、コンプライアンス違反が起こる可能性があります。

続いて、金儲け主義です。顧客や安全を無視した金儲け主義は、コンプライアンスの意味を理解していないとも言えるでしょう。そのため、当然違反も起こりやすい状態となっています。

殿様商売、金儲け主義、そして「秘密主義」

また、秘密主義もコンプライアンス違反に繋がりやすいといわれています。

何をしてもバレる事がないという考え方は、大変危険です。さらに、部外者は内部を知る事ができないといった意味でも、秘密主義は不祥事が起こった際に隠蔽工作を行いがちで危険です。

 

コンプライアンス違反の原因

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon