意図的にコンプライアンス違反を誘発する社員に関しての対応、違反を意図的に誘発するような社員は危険です。

コンプライアンス違反の原因を作ったのは誰か?

実際に不祥事が発生した場合、コンプライアンス違反を行った人に対して処分を下すのは当然の事と言えるでしょう。

しかし、再発を予防する為には、コンプライアンス違反を引き起こす原因を作った人に対する処分が重要な意味を持ちます。

コンプライアンス違反を引き起こす原因を作る人には、2つのタイプがあります。

中でも、具体的にコンプライアンス違反を意味する行為を行うよう誘いかけた人は、物事の将来性を見極める事ができない人と呼ぶ事ができるでしょう。

将来性を見極める事ができていれば、不祥事が発生する事に気付くはずだからです。

また、自分自身を客観的に見る事ができない人

さらに、組織では上司の指示が絶対と考えている方も、こうしたタイプになりがちです。

上司の指示が絶対と考えていると、自分自身で判断を行うケースが減ってしまいます。その為、上司の指示が絶対という考え方は、判断力の低下を意味します。

このように低下してしまった判断力では、不祥事の発生を未然に防ぐ事は不可能でしょう。

 

コンプライアンス違反の原因

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon