人に対するマネジメントはコンプライアンス違反対策で重要、人は間違いを犯してしまう者ですがそれを見越した対策が必要です。

権力と欲求はコンプライアンス違反に繋がりやすい

コンプライアンス違反は、環境によっても生まれるものです。

コンプライアンス違反が起こりやすい環境を生み出した人に対しても、不祥事が発生した際には処分が必要でしょう。

では、 一体どのようなタイプの人が、こうした環境を生み出しやすいのでしょうか。

まず、自分自身の権力が絶対であるという考えを持ったタイプの人です。

他の社員は自分自身に絶対に従うべきであるといった考え方は、コンプライアンスに反する意味を持っており、大変危険です。

また、自分自身の欲求を制御できないタイプも、危険です。

例えば、自分自身の欲求として利益を追求したとしましょう。そこで、違反が発生したとしても、利益を得る事ができれば問題ないと考えてしまう可能性があります。

仮に社員全員が錯覚しているようなことがあれば・・・

また、この程度ならば大丈夫といった錯覚を起こしている方も危険です。

コンプライアンスの意味、重要性を正しく理解していれば、こうした錯覚は起こる事はありません。その為、コンプライアンスの意味、重要性を正しく理解していない、もしくは軽視している人が錯覚を起こしやすいと言えます。

このような傾向は、普段の組織内での「おこない」が社風や風土となって、各々の従業員の解釈を生み出すため、組織としての会社の責任も問われることになります。

 

コンプライアンス違反の原因

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon