日本と米国など諸外国では、求められているコンプライアンスは異なります

コンプライアンスは単に法令に従うのみならず

コンプライアンスとは、英語のComplianceに由来する言葉です。

求められているコンプライアンスの画像英語のComplianceを直訳すると、従う事、従順、遵守、準拠といった意味があります。

つまり、コンプライアンスとは元々は何かを遵守するという事になります。

しかし、これだけでは実質的な意味を持っていないので、法令を遵守する事という風に訳される事がほとんどです。

この場合、遵守する対象を法令としています。ただし、言葉の意味通り受け取ると、法律を守れば何をやっても構わない、法律を守る事が全てという事になりかねません。

また、法律の隙間を探せば問題ないという解釈も行える、ようになってしまいます。

法令だけでは狭すぎる

その為、法令の遵守は、企業、団体、組織にとっては当然の事柄と言えるでしょう。

ここで求められているコンプライアンスとは、法令の遵守だけでなく、社会や顧客の信頼に応えるという事になります。

つまり、法律を越えた高い企業理念や厳しい倫理規定の実践が求められていると考えるべきでしょう。

これがあるからこそ、コンプライアンスというのは難しいということができます。法令は一律的に決定されているものであり、法令を単に守るということだけが求められているということであれば、それほど厄介な問題は生じません。

しかし、法令以外にも広い範囲でコンプライアンスが求められているという事実から、コンプライアンスは極端なことをいえば企業の社風や価値観、風土などによって異なるということもいえるわけです。

一律的、固定的ではないというところに、コンプライアンス対策の難しさが内在しているといえます。しかし、複雑化した現代社会では、そのようなコンプライアンス対応が求められているということもまた事実なのです。

 

コンプライアンスを自分なりに解釈する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon