時期もコンプライアンス教育にはポイントになることが多いため、どのタイミングでコンプライアンス教育を行うのかを明確にする

コンプライアンス教育はタイミングにより意味が異なる

いわゆる不祥事と呼ばれる出来事の多くは、モラルの低下した職場で起こると言われています。

コンプライアンス教育の導入と定期運用の違いとはまた、不祥事の多くが企業の何らかの状態が、違法となっているケースで起こっています。

コンプライアンス教育は、こうしたリスクを排除する意味を持っています。しかし、導入する際と定期的にコンプライアンス教育を行う際には、内容や意味が大きく異なります。

コンプライアンス教育を導入する際には、導入する意味をまず理解する事が重要となります。

そして、企業が持つ社会的責任を果たす為の知識を身につける事となります。一方、定期的にコンプライアンス教育を行う際は、導入時に学んだ知識を前提とした現在の状況把握や分析などを行います。

リスクマネジメントとしてのコンプライアンス教育

このように、一言でコンプライアンス教育と表しても、内容や意味は時期によって大きく異なります。きちんとしたリスクマネジメントを行う為にも、時期によって必要な教育を施す事が重要です。

勿論、内容は社員の立場によっても変化するので、時期だけではなく立場に関しても適したものを用意しましょう。

 

コンプライアンス教育について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon