コンプライアンスは違反事例を見ると理解が深まります。残業によるコンプライアンス違反の実例、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

残業のコンプライアンス違反実例

コンプライアンスの意味を理解する際に役立つのが、実例です。

実例から学ぶコンプライアンスの画像今回は、上司の了承を得ずに残業を勝手に行ったという実例をご紹介します。

緊急性の高い業務の場合、業務をより円滑に進める為にも、残業を行う事は当然と考える方が多いようです。

また、やる気がある、モチベーションが高い、仕事熱心であるといった風の意味合いで取られる事もあります。

しかし、これはコンプライアンス違反に該当する立派な実例の一つです。

残業は、上司の命令によって行うものと定められています。

また、各企業とも就業規則によって、残業に関して定めているはずです。

就業規則との関係を読み解く

その為、上司の了承を得ずに行うと就業規則を守っていない事となり、コンプライアンス違反となるのです。

この場合、勝手に残業を行った本人は勿論、それを監督できなかった上司もコンプライアンス違反を問われます。

休日出勤に関しても、上司の了承を得ずに行った場合、上記と同じ意味のコンプライアンス違反となるので注意が必要です。

ほんの少しのことがコンプライアンス違反になるということがあるのです。いくつかのケーススタディーを学ぶことで、実例からコンプライアンス違反の理解を深めることには価値があります。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon