目的を自らが設定すれば行動力も高まります。どこに向かっていくべきか、あるいは達成点となる目的は、実現可能性も考慮することが大切です。

自分たちで目的を設定する実習で主体性を引き出す

コンプライアンス研修や教育の最後に行われる実習があります。

目的を設定すると主体性を引き出すことができるそれは、目的の設定です。目的の設定には、一体どのような意味があるのでしょうか。

目的の設定とは、これからどのようなコンプライアンスを重要視して行動を行うのかといった事をまとめる実習です。

このコンプライアンス実習には、不正や違反と知らずに行ってきた行動の改善は勿論、グレーゾーンの行動に注意するといった意味もあります。

一度にあまりにも多くの目的を設定してしまうと、業務に支障をきたしてしまう可能性があります。また、多すぎて達成できなかったでは意味がありませんので、3つ程度に絞り込むと良いでしょう。期間も長すぎると忘れてしまいがちなので、3ヶ月間に区切って考えてみて下さい。

チェック表との連動で効果を引き上げる

目的が簡単に実践できない内容であれば、チェック表を作成してみましょう。チェック表は、どのような流れで実践するのかを考えて作成して下さい。

そして、チェック表を確認しながら、達成を目指してみましょう。

チェック表というのは、人から言われるまでもなく、自分で客観的に評価を行うことが可能です。ですから、気付きが大きく、自分の中への落とし込みも早い、そして、なによりも行動に繋がることが多くなります。効果がありますので、自己チェックは繰り返し、タイミングをはかって行うと良いでしょう。

 

コンプライアンス実習

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon