コンプライアンス違反しやすい人には傾向があります。あなたは違反しやすい人?それともしにくい人?。

客観視できずに他人にも関心がない人は違反しやすい

コンプライアンス違反を起こしやすいタイプと呼ばれる人がいます。

それは、一体どのようなタイプの人なのでしょうか。

まず挙げられるのが、客観視する事が苦手な人です。

客観視する事が苦手な場合、自分自身が行っている事が正しいかどうかの判断が曖昧になってしまいます。そのため、コンプライアンスの意味を理解して行動できているかどうかもわからなくなる事があります。

また、自分の行動を直視できない人も、コンプライアンス違反に繋がりやすいと言われています。

さらに、自分の行動だけでなく、他人の行動に関しても関心がない人は、コンプライアンス違反を起こしやすいと言われています。

関わらない方が利口と考える人が増えているのも問題

特に、見てみぬ振りをしてしまう場合、不正の現場に居合わせても、口をつぐんでしまう事があります。

たとえ、コンプライアンスの意味をきちんと理解し、それがいけない事だとわかっていてもです。

中には、相手に対して異議を唱えらずに見てみぬ振りをする人もいるようです。どちらにせよ、不正の現場に居合わせたのであれば、不正であると口に出さなければ意味がありません。

 

コンプライアンス違反の原因

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon