業務的に企業コンプライアンスを考えてみると、対応は普通の業務の中に組み込む必要があります

コンプライアンス対策の業務とはどのようなものか

企業コンプライアンスを、企業理念や企業倫理を浸透させ、様々な活動を実践するという意味に捉えたとしましょう。

この場合、役職を問わず全ての労働者に対して、企業理念や企業倫理を浸透させ、活動を実践させる事が、企業コンプライアンスという仕事になります。

では、どのようにして役職を問わず全ての労働者に対して企業理念や企業倫理を浸透させれば良いのでしょうか。

方法としては、色々なものが挙げられますが、こうした方法を立案・企画して計画を立てて推進・実行していくのが、企業コンプライアンスにおける業務となります。

コンプライアンスへの取り組みは経営そのもの

企業コンプライアンスは、ただ取り組む姿勢を見せれば意味があるというものではありません。

実際に、具体的な立案・企画とそれを推進していく組織が整備されていなければ、意味がありません。ただ、企業コンプライアンスという言葉を掲げているだけでは、スローガンと何ら変わりはありません。

そのため、ただのスローガンで終わらせないよう浸透させ、活動を実践していく事が大変重要となります。

 

企業コンプライアンスについて理解する

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon