原材料表示違反は残念ながら最近増加傾向にあります。原材料表示とコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

コンプライアンス違反は顧客の信頼を大きく落とす

原材料の表示の順番によって、顧客からの信頼度を大きく落としたというケースが、多々報告されています。

一体これは、どのようなコンプライアンス違反に該当するケースでしょうか。

例えば、「ウニ入り」を売りとしている食品があったとしましょう。

企業としては、「ウニ」の表示をできるだけ前に持って行きたいはずです。

しかし、表示に関しては、原材料に占める使用重量の割合によって表示を行うよう定められています。これは、JAS法と呼ばれる法律によるものです。

つまり、ウニを最も多く使用していなければ、前に表示する事はJAS法の違反を意味します。

法律はしっかりと調べて遵守すること

コンプライアンスは法律遵守という意味を持っているので、JAS法の違反は当然コンプライアンス違反へと繋がります。

きちんと原材料全てを表示していれば、順番は問題ないだろうと軽視する方がいるようです。

しかし、先に述べたようにこうしたケースで、顧客からの信頼度を大きく落とした企業は多々あります。つまりJAS法に従う事は、企業を守る意味も持つのです。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon