転職の場合に起こり得るコンプライアンス違反。機密情報の漏洩によるコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

転職者は機密情報の漏洩に注意を

転職をした際、新たな企業で早く成果を上げたいと思うのは当然でしょう。

たとえ機密情報でなくても企業の情報漏洩には注意が必要です(画像)そんな時に起こりやすいコンプライアンス違反の実例として挙げられるのが、退職先企業の機密情報の漏洩です。

コンプライアンスの意味を理解していると、すぐに違反とわかる実例ですが、実際に報告されている実例の一つです。

転職の理由が、退職先企業に対する不満の場合、その腹いせに機密情報を漏洩させる方がいるようです。しかし、どのような理由があれ、こうした行為はコンプライアンス違反に該当します。

機密情報は、その企業が持つ資産や財産といった意味で表現される事があります。そんな資産や財産を漏洩させる事は、絶対に許されない行為です。

社員名簿は会社の財産

このような実例の場合、退職先企業は前社員を訴える事が可能です。契約違反、著作権の侵害、営業機密の不正使用といった意味で、訴えられます。

転職先では、機密情報ではなく、自分自身が持つスキルや経験、ノウハウを活用するようにしましょう。

機密情報とは何か?と言われれば、企業のコアな情報ということができるでしょうが、転職の場合にはその境目が曖昧になることがあります。自分の顧客情報だから良いだろうとか、自分が仕事して作った資料だとか。でも、前職のものは前会社のものと割り切ることが必要です。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon