担当者レベルの受験者が急増しているコンプライアンス検定、大手企業を中心にコンプライアンス検定が導入されてきています。

急激に受験者を増やすコンプライアンス検定

ビジネスコンプライアンス検定は、2005年にスタートした、まだまだ歴史の浅い検定です。

しかし、既に累計受験者数は、1万人を突破しています。

コンプライアンスの持つ意味の重要性が広がりを見せている現在では、ますます受験者数は増加傾向にあると言えるでしょう。

また、数多くの有名企業、団体がこの検定を推奨しています。有名企業の中には、国内外で働く社員全てに、受験を推奨している企業もあるほどです。

検定による資格学習として、コンプライアンスの意味を社員に効率的に教育し、理解させている企業もあります。

社員の満足度を高め、行動変容を促す

さらに、受験者が所属している企業や団体は多岐に亘ります。

新聞社や大学、省庁、県や市役所といった組織からの受験者も存在します。このように、受検を行うという事は、コンプライアンスの意味を理解する近道になります。

そのため、企業のコンプライアンス教育や研修の一環として、検定に取り組むという方法も、効果的と言えるでしょう。

 

コンプライアンス検定について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon