判断力が散漫になってしまうと違反につながるケースが多い。適切な判断をするためには適度な緊張感も大切です。

疲れていることがコンプライアンス違反に繋がる

コンプライアンスの意味を理解するには、道徳やモラルが必要です。

従って、道徳やモラルに関する判断が甘い人は、コンプライアンス違反を犯しやすいと言われています。

人としてその行動が正しい事であるかどうかといった判断は、大変重要な意味を持ちます。その判断が甘いという事は、不正を行っても利益に繋がるのならば良いといった考え方になりかねません。

こうした判断は、正常な人ならばきちんとした対応が行えるはずです。

しかし、肉体的にも精神的にも追い詰められていた場合、間違った対応を行ってしまいがちと言われています。

つまり、過度な残業で肉体的にも精神的にも疲れていた場合、間違った判断を行ってしまいやすくなるという事です。

企業が率先して環境整備を行うこと

また、過度な残業自体もコンプライアンスの意味から見ると、違反と言えるでしょう。

そのため、コンプライアンス違反を予防する為には、社員が肉体的にも精神的にも健康で、正しい判断を下せるような環境の整備を企業が行う必要性があるでしょう。

その意味で、コンプライアンスは個人の問題もありますが、企業側の問題、すなわち取り組むべき課題であるともいえるのです。

 

コンプライアンス違反の原因

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon