コンプライアンス教育は当たり前のことから始める

コンプライアンス意識とは何か?

社員へのコンプライアンス教育では、コンプライアンス意識を高める事が重要です。

一般的なコンプライアンス教育の画像では、このコンプライアンス意識とは一体どのような意味なのでしょうか。

これは、行為を行う際の問題点を見つけ、何をすべきかを認識し、実践するという意味です。

意識が高まれば、企業が利益だけを追い求める姿勢ではいけないという事が、よく理解できるようになります。

また、社会的責任を果たしていく重要性に対する、意識改革も期待できます。コンプライアンス教育では、就業規則、規定の内容とそれらが持つ意味をまず伝える事が大切です。

企業の制度やツールの意味を十分に説明することから始める

続いて、社内における情報伝達や相談窓口といった制度に関しても伝えましょう。最後に、ケースワークや行動における基準なども伝える事が重要です。

これらが、社員に対する一般的なコンプライアンス教育と言われているものです。上記のような内容が含まれていない場合は、意味がありませんので、きちんとした教育を行うのが望ましいでしょう。

なんだか初歩的な内容過ぎると思うかも知れませんが、コンプライアンスの場合には基本が最も大切になります。ほとんどのコンプライアンス違反は、基本が出来ていないことによるものです。

コンプライアンス教育を難しく考えるのではなく、当たり前のことを当然のようにできるという流れにつなげていくことがポイントになります。

 

コンプライアンス教育について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon