コンプライアンス研修の内容は大きく4つあります。コンプライアンスの研修内容とはどのようなものでしょうか。

コンプライアンス研修の4つの分類

コンプライアンス研修の内容は、大きく4つに分類する事ができます。

コンプライアンス研修の内容を知ろうまずは、基本的な概念についてです。ここでは、コンプライアンスの持つ意味などを学ぶ事となります。

続いて、企業による不祥事についてです。ここでは、企業による不祥事に関して、事例を用いて学ぶ事となります。

3つ目は、分野ごとのコンプライアンスの意味です。下請法や環境、労務といった分野ごとのコンプライアンスの意味について、細かく学ぶ事となります。

これら3つをコンプライアンス研修で学んだ後は、体制の構築にかかります。

4つ目が体制構築

体制の構築では、組織の整備は勿論、企業倫理や就業規定などの各種マニュアルの作成も行います。

また、社内における組織の運営及び管理、改善なども研修の内容となります。このように、研修の内容は大きく4つに分類する事ができます。

1度に全てを学んでも、勿論問題はありません。しかし、分類ごとに研修を行うという方法もあるので、適した方法を選んで下さい。

これはあくまで一般的な内容ですから、企業によって変わることもありますし、変えることが必須となる企業もあるかもしれません。しかし、そういった制度設計に深くこだわり過ぎると時間ばかりが過ぎていくことも多いので、まずは上記の内容で進めていくことがオススメです。

 

コンプライアンス研修について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon