コンプライアンス実習の内容も階層により変わる。実習内容は柔軟に変更をして、その都度最適なものを準備していきますが始めは試行も必要です。

コンプライアンス研修に連動した実習内容

コンプライアンス研修の内容は、社員の立場によって変化します。

研修の変化とともに実習も変化します研修の内容が変化するという事は、実習の内容も変化するという事を意味します。

新入社員や一般の社員は、コンプライアンスの意味や重要性といった基礎を学ぶ事となります。その為、実習内容も不正や違反であるかどうかを見極めるようなものがほとんどです。

主任や係長よりも上のクラスになると、管理職としてコンプライアンスを推進する立場となります。コンプライアンスを推進する立場は、何か問題が発生した場合にそれらを率先して解決しなければいけないという意味も持ちます。

その為、より具体的な事例に沿った対応の仕方を、実習で学ばなければいけません。

経営者と管理者も実習の対象者

社長や取締役といった、経営責任のある立場の場合はコンプライアンス経営を学ぶ事となります。

勿論、管理職と同様に、問題が発生した場合の対応の仕方を実習で学ぶ事となります。また、上記に加えて、一般の社員の模範となるような高いコンプライアンス意識を持つ事も求められるようになります。

経営者や管理者が必ずしもコンプライアンスに対する知見が高いとはいえません。むしろ、管理職ほどコンプライアンスに対して疎いということが頻繁に起きています。まずは、管理職から実習なども行っていくと良いのではないでしょうか。

管理者はあまり良い顔をしないかもしれませんが、組織にとっては上層部からしっかりとしていることが必須になります。

 

コンプライアンス実習

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon