長時間労働でもコンプライアンス違反には注意。長時間労働によるコンプライアンス違反、違反実例からコンプライアンスを理解しましょう

長時間労働のコンプライアンス違反実例

長時間労働を強いられるケースは、業務が忙しい時期では珍しい事ではないかもしれません。

長時間労働の場合にもコンプライアンス違反になる可能性があります(画像)しかし、コンプライアンスの意味を理解している人からすると、これらは違反の実例と言えるでしょう。

日本では、上司より先に部下が帰ってはいけないといったような、暗黙のルールがあるそうです。

最近では、こうした暗黙のルールも撤回され、意味を持たなくなってきました。

しかし、こうした暗黙のルールのせいで、長時間労働やサービス残業を行い、コンプライアンス違反を犯すという実例はよくあります。

不当な長時間労働やサービス残業は、労働基準法に違反する行為です。

その為、こうした場合、上司が管理者としての責任を怠ったと見なされるのが当然です。

暗黙のルールの行く先

しかし、部下として実際に働いていると口に出す事ができないという事がほとんどでしょう。そこで、企業はコンプライアンス制度に関する窓口を設けておく必要があります。

こうした窓口があれば、社員がコンプライアンスに関する相談を行いやすくなります。この実例は、コンプライアンス整備を整えるという意味でも、大変重要です。

 

知っていそうで知らないコンプライアンス違反の実例

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon