学び方にはコツがありますが、それは学ぶ側と教育する側の両方の意図を鑑みて融合することです

社員の側からコンプライアンス教育を考える

コンプライアンス教育は、導入する際と定期的に行う際で内容や意味が異なります。

コンプライアンス教育は段階を追って学ぶでは、コンプライアンス教育を受ける社員は、どのような事をそれぞれの時期に学べば良いのでしょうか。

まずは、導入時です。コンプライアンス教育が導入された際には、行動規範と社内規定の意味をきちんと理解する事が大切です。また、コンプライアンス教育が実施される意味や、プログラムの全体像も理解するようにしましょう。

続いて、定期的に行う際です。この頃には、基本的な知識はほとんど身につけている事となります。その為、自分の職種や立場に適した、最新の知識を身につけるようにしましょう。

そして、自分自身で評価・分析を行って下さい。

推進委員(推進担当者)の役割

なお、推進委員となった社員は、他の社員よりも積極的に知識を身につける必要があります。推進委員として、他の社員にアドバイスを行うといった行動が取れるように、率先して知識を身につけて下さい。

このように学んでいく事が、コンプライアンス教育の理想です。(もちろん、企業の実情によって細かいことは変えたほうが良いということもあります)

推進委員には、それなりに影響力がある(リーダーシップがある)人物を専任するのが理想です。そういった影響力のある人物の行動は、企業の中に浸透するのが早いという特徴があります。

推進委員は、押し付けによる任命や選任ではなく、自主的なスタイルでの選任が好ましいということがいえます。

 

コンプライアンス教育について

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon