コンプライアンス実習こそ定着させるために必要不可欠。コンプライアンスについて実際に取り組む実習について、その意味や価値を確認しましょう

コンプライアンス実習の有効性とは

コンプライアンスの研修や教育及び実習が、本当に企業にとって意味のある事なのかという疑問を抱く方がいるようです。

コンプライアンス実習こそコンプライアンスを定着させるためのポイントコンプライアンスに何らかの問題があると、現在では取引の候補から外されるような時代です。

その為、こうした疑問を抱く事自体が間違っていると言えるでしょう。それだけ、コンプライアンスとは非常に意味を持つ事であり、力を入れて当然の出来事です。

しかし、実習でどれだけ対応力を身につけたとしても、意味が無いと考える方もいます。社内で不正や違反が発生しなければ、対応力を発揮する場がありません。その為、意味が無いと考える方がいてもおかしくはないでしょう。実習に必要な時間を、他の業務に回したいと考える方もいて当然です。

効果は必ずしも目には見えないもの

ただし、不正や違反が発生しないという事は、それだけ企業活動が正しく行われているという事になります。つまり、不正や違反が発生しない事こそ、コンプライアンスが浸透した証と言えるでしょう。実習の経験を活用する場所が少なければ少ないほど、企業のブランド力は高まっているはずです。

 

コンプライアンス実習

コンプライアンス実習に関して整理しています。

スポンサーリンク

カテゴリ

Page top icon